チャットレディ専門学校

容姿は関係あるの?

チャットをするときには必ず自分の映像を映すことが必須なので「見た目」は深く関係してきます。

「見た目」は生まれつきのものとそうでないものがあります。自分を魅力的に見せるために、努力できる部分はたくさんありますので、自分なりに工夫することが大切です。

・部屋の雰囲気、明るさ
・カメラの調節
 (画質/色合い/明るさ/角度)
・回線速度
 (動きがスムーズ・カクカク)
・服装
・メイク

部屋の雰囲気、明るさ

部屋はカメラの映っている範囲内でいいので、キレイにしておきましょう。話のネタになるような小物を何点か置いておくのもよいでしょう。(ぬいぐるみなど)

カメラの調節(画質/色合い/明るさ/角度)

ウェブカメラは30万画素以上のものを用意しましょう。ウェブカメラには「色調」や「明るさ」を調節できるソフトがついていますので、ナチュラルになるように調節しましょう。肌に自信がなくても、調節次第できれいに見せることもできます。カメラの位置や角度も大変重要です。試行錯誤で、かわいく映る位置を見つけましょう。

回線の速さ(画像がスムーズに動く・カクカクする)

インターネットは光回線が基本です。容姿端麗でもあまりに画像がカクカクしていたり、遅れていると男性にストレスがたまりチャットインしてくれない場合があります。

さらに有線のLANケーブルでパソコンをインターネットに繋ぐようにしましょう。無線LANは動画が途中で止まったり、チャット接続が切れたりしやすくなります。

服装は薄着で女性らしくて脱ぎやすそうな服を着ましょう

服装は寒い時期でもしっかりと暖房をつけて薄着を心がけましょう。他人の家に上がるときにコートを脱ぐように、薄着になることは、女性らしさをアピールするだけでなく、マナーでもあり、話す相手に好印象を与えることができます。服の色は、個性にもよりますが、女性らしく、 明るい色がいいでしょう。また、パーカーやトレーナーのように脱ぐのに時間がかかりそうな服よりも、ボタンダウンのシャツのように脱ぎやすそうな服装にしましょう。男性の感じる期待値というのがチャット率アップには欠かせない要素だからです。けして脱げと言っているわけではありません。もちろんノンアダルトの場合は脱がないでください。

メイクは濃いめでOK

メイクは濃い目にするといいようです。実際に見ると「化粧濃いよ」と言われるくらいでもカメラに映ればそうでもないようです。あと、スッピンという手もあります。スッピンは男性会員にとって希少価値が高いです。基本的には身なりを整えメイクもするようにしましょう。